BLOG

「iPhone×iPadクリエイティブ仕事術」実践ワークショップに参加してきた

DATE2011.01.13

セミナー・講演会

  • 古田土会計事務所の経営計画発表会が終わり、その足でインプレスJapanが主宰している

    iPhone×iPadクリエイティブ仕事術」実践ワークショップに参加してきました。

    これは全6回の有料勉強会な訳ですが、年末にこの情報をfacebookで知り、そこそこ良い金額がするセミナーだった事もあり参加を悩んだものの、

    「迷ったら行動!」

    と言う自分の心が背中を押してきたので、参加してきました。

    最初に結果を言うと参加して大満足!」でした^^

    「iPhone×iPadクリエイティブ仕事術」著者の倉園佳三さんが講師で、最初は「evernote」に特化した内容のお話し。

    自分でもそこそこevernoteも使ってきていたつもりでいましたが、まさかまさかのとても衝撃を受ける内容でした。内容というより捉え方というか考え方かな。

    ワークショップが終わってから初めて「第二の脳」と言う言葉が自分に入ってきました。

    あ~、こういう事だったのね。本当にそんな感じ。

    かいつまむとですね、

    evernoteの活用のキモはGTDにあり】 ※1
    ■GTDの目的
    • すべての気になっている事を頭の外に出し、いますべきことに真に集中できる状態を作る
    • アイデアやひらめきを外部のシステムに預けておく
    • 頭をよぎっている事を全て書き出す
    • 書き出し方に次元がある
    • 書き出したものを保存しておくシステムの一つになる
    ■GTDの5ステップ
    1. 収集:inboxへの入力
    2. 見極め:タグ付、削除、アクション化
    3. 整理:ノートブックへの移動
    4. 行動:×
    5. 見直し:タグやノートブックの修正
    自分が気になった情報が記載されているwebページをクリップして保存したり、
    歩いてる時に閃いた事をiPhoneからメモしたり、
    読んだ本で感銘を受けた部分をiPhoneでスキャンして保存したり、
    打合せでメモしたものを即座にスキャンして保存したり、
    プレゼン資料の下書きを保存したり、
    お逢いした方の写真を保存したり、
    twitterの情報を記憶したり、




    これらをPC、iPad、iPhoneなどを活用して自分の脳みそ以外の「第二の脳(evernote)」に保存しとくわけです。


    そうすると、あれもしなきゃ、これもしなきゃ、あれどうだったっけな、と言う「頭のモヤモヤ」から開放されて、クリエイティブな時間の使い方に集中できるのです。


    ただ何でもかんでもinputのみで突っ込んでおくのではなく、自分で定期的にevernoteに貯まった情報をoutputしなければ意味がありません。


    データが集まってくるフォルダを「inbox」と名づけ、そこに溜まった情報は全てをタグ付けして別のフォルダへ分類・削除する事によって、「情報に二度出会う」状態を作り出します。


    そんなことをしていくと、自分の外部保存された優秀な脳みそが出来上がると言う感じになるわけですね。


    実際に、帰ってから自分の溜まりにたまったevernoteのデータを処理したのは言うまでもありません。


    てゆーか無法地帯になってました。(猛省)


    それにしても、改めて思いますが、かなーり参加して良かった満足度120%のセミナーでした。


    今度はNozbe(ノズビー)とeverenoteを紐付けるそうな。


    もうね、Nozbe(ノズビー)って何??って話なわけですよ。


    予習して臨みたいところですが、次回は別に講演会があって参加できないので、何とかハッシュタグを追っかけて共有したいと思います。


    ちなみにtwitterのハッシュタグは「#icre」です。


    それにしても日々情報の洪水です(汗)。


    帰りには現場で速攻本を購入しちゃいました。
    これは読むのが本当に楽しみな一冊となっています。ワクワクしちゃう。
    興味のある人にはかなりお勧めかもです(まだ読んでませんが)。

    ※1 GTDGetting Things Done)とは個人用のワークフローの管理手法である。デビッド・アレン(David Allen)が同名の書籍『仕事を成し遂げる技術 ―ストレスなく生産性を発揮する方法』(2002年)の中で提唱する。ハッカー文化の一つ。

    「ナレッジワーカー(知識労働者ないし頭脳労働)の仕事術」と呼ばれ、「次に何をやるか」という予定スケジュールの管理、作業する上でのモチベーションを損なわないための体制作りなどが含まれる。心理的な負担を減らすことを主眼とし、簡単な5つのステップを実行することによって成し遂げたいことを現実にするメソッドである。個人の生産性を向上させることができるとされ、LifeHack(ライフハック)の1つである。基本はなすべき仕事のリストを何かに記録しておくことで、頭の中からなすべき仕事のことを追い出すものである。これで頭の中はすべき仕事全部を覚えなくてもよくなりすっきりとし、リストに基づき実際の仕事をこなすことに集中できる。  wiki参照

    ホームページ制作、WEBコンサルティング、トリプルダブル 成田大祐

  • 株式会社トリプルダブル

    東京都品川区西五反田1-24-4
    タキゲンビル810号

    E-mail:info@td3win.com

CONTACT

OFFICE

〒141-0031
東京都品川区西五反田1-24-4
タキゲンビル810号

PHONE

03-3779-9973