BLOG

相手の価値観の優先順位の違いを知る

DATE2015.12.23

代表の個人的な話

  •  

    こんにちは。WEB制作を通して、お客様に喜んでいただくことが志事のトリプルダブル 成田です。

     

    5年前くらいになりますが、「大谷由里子さん」の講演会を聞く機会がありました。

    彼女は元吉本興業の敏腕マネージャーで、横山やすしさんのマネージャーもされていたそうです。

     

    「横山やすしに殴られた人は多数おりますが、

    横山やすしを殴ったことがあるのは大谷由里子ぐらいなものです・・・。」

    とプロフィールに書いてあるくらい、ガハハな感じの熱い方でした。

     

    1

     

    中村文昭さんも、実は大谷由里子さんがきっかけで大きな出逢いを経験している1人。

     

    大谷さんの話を5年前に聞いて、今でも覚えているのは

    「相手の価値観の優先順位を知って、理解し尊重する」

    でした。

     

    あなたが大切にしている「価値観の優先順位」を教えてください。って

    大谷さんは会場に来ている人たちに挙手でアンケートを取ったんですね。

     

    「お金が大事な人」

    「仕事が大事な人」

    「出世が大事な人」

    「時間が大事な人」

    「家族が大事な人」

     

     

    こんなような5つくらいの質問をした時に、

    会場が見事に5分割に割れたんです。

     

    そこで大谷さんは

    「ね。分かりますか?これだけでも大事にしている優先順位って違うのが分かりますよね」

    夫婦でも旦那さんは「仕事の優先順位が1番」で、奥さんが「家族が大事」が1番になっていれば、

    俺は仕事頑張ってるんだ(もちろん家族の為に)、という旦那さんに、

    なんでもう少し家族との時間を作れないの?と奥さんが言えば、

    ぶつかりますよね。

     

    夫婦でこの価値観の優先順位を共有する事ってとても大事です。

     

    例えば奥様が

    「休みの日くらいは子供の面倒見て、家族との時間を大切にしてよ」

    と自分の価値観の優先順位を押し付けてしまうと、旦那さんは

    「仕事で思いっきり頑張ってきて疲れているところで、今度は家族の為に時間を使えと言われるのか、、、

    今日は家族とのこと頑張ろうと思ってたけど、なんかなぁ。」

    と、本当は家族との事を大事にしたいのに、何故か嫌々な気持ちになってしまう。

     

    ではなく、

    「ああ、この人は家族のために本当に頑張ってくれてるな。

    だったら、お休みの日は、少し楽をさせてあげようかな。」

    と旦那さんに気遣いをしてくれたら、旦那さんは奥様の優しい気持ちに嬉しくなって

    「君も普段頑張ってるし、家族といたいから大丈夫だよ。一緒に出かけよう」

    と気遣いをしあうようになれるのではと思います。

    (一概には言えないと思いますが)

     

     

    ちなみに、旦那さん目線で書いてますが、旦那さんが奥様の事を気遣う事を先にしっかりやることで

    家庭はうまくいくような気がします。

     

     

    会社でも仕事が第一の上司に、お金はそこそこでいいから時間や家族の優先順位が高いスタッフさんであれば、

    中々共感は難しいかもしれません。

    (もちろん優秀な方は、時間内に最大の成果を出す仕事の仕方をすると思います)

     

    ただ、相手が何を大切にしているのか理解してあげる事で、

    君はこれを大切にしてるんだね。なるほど。それは素晴らしい。

    そして私はこれを大切にしている。

    だったらお互いがより良い力を発揮する為に出来る方向を考えよう。

    と話が出来れば、

    「ああ、この人は自分の事や価値観を理解して受け入れてくれるんだな。少しでもこの人の力になれるよう頑張ろう」

    こうなっていく事が多いように思います。

     

    この話を聞く直前に、珍しく妻と喧嘩してた自分が

    「あ、今日の講演は自分のために話してくれてる!」

    ともの凄い共感をして、帰ってからすぐに妻に話をしました。

    「今日はごめんね。実は今日こんな話を聞いてきたんだ。

    自分は君の価値観の優先順位を考えずに、自分の価値観を押し付けようとしてたよね。

    だから喧嘩になったんだなって反省している。君の考えとか大事にしている事、もっと話そう」

     

    まだ新婚だった頃だったので、尚更だった気がするけど、

    これ以降、家庭の雰囲気が激変して良くなりました。

     

    中村文昭さんが、「求め合うより与え合う」という話をよくされます。

    相手に求めあってたら、ぶつかるよ。

    どうして欲しい、こうして欲しいって求めるのではなく、

    こうしてあげよう。ああしてあげよう。って与え合ったら喧嘩なんか起きへん。

    これは夫婦だけじゃなく、国と国でも同じなんじゃないかな。

     

    私はこの話が大好きで、なるべく求めるよりも与えられる人でありたいなーと

    そう思う大切なきっかけのお話しでした。

     

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    2016年1月9日 開校! 成田の人生の師匠「中村文昭」と学ぶ

    「ご縁紡ぎ大学@東京 第二期」残席僅か!!

    人に出逢う事で、新しい自分に出逢う。

    https://www.facebook.com/events/1578480792402146/

  • 株式会社トリプルダブル

    東京都品川区西五反田1-24-4
    タキゲンビル810号

    E-mail:info@td3win.com

CONTACT

OFFICE

〒141-0031
東京都品川区西五反田1-24-4
タキゲンビル810号

PHONE

03-3779-9973