BLOG

ご縁紡ぎ大学@東京 「きく」ということ

DATE2016.02.13

セミナー・講演会

  • 今日はご縁紡ぎ大学@東京 第二期の第二講義です。
    講師は「山下ビリーさん」
    ご縁紡ぎ大学の半年間を通して、
    ものすごい大きな意味を持つ講義です。

     

    th_12716349_734832686650911_5913674487128961155_o

     

     

    ビリーさんのお話しの中で、ざっとメモしたものを記載しておきます。
    ・相手が聞いているか聞いてないかは、話している方が決める
    ・人は、最後まで自分の話を聞いてくれる人 を好む。
    言い換えると、人は出逢った時に、最後まで自分の話を聞いてもらいたいと思っている
    →最後まで聞くと、相手が喜んでくれるし、望んでいるのである。
    →なので、聞き方をマスターすると人生が変わってくる
    th_12711200_734834039984109_2024430147852281380_o
    ・女性は、多くの場合意見を求めていない。
    ただ聞いていて欲しい事が殆どで、そこに意見を入れようとしてはいけない。
    「あなた分かってるの?」
    と聞かれたら「聞いてるよ」と答えると良い。
    POINT!「分かることと、聞いてることは違うことである。」
    ・コミュニケーション = 相互理解活動
    きくとは?
    → 相手の方の情報や想い考えを自分なりに受け止め理解すること
    聞くは最中のこと。
    聞いたとは
    → 相手の方の情報や想い考えを自分なりに受け止め理解し、それを相手の方に確認し承認を得た状態
    th_12694540_734838883316958_5441532077664600876_o
    〜で いいですか?
    と訊くことを確認すること 問いかけるという意味の漢字
    相互理解活動は訊くことから始まる
    きくの五段活用
    きくと理解するは全然違う
    効くを目指してきく
    ざざーーーっと、前半部分を書くと、こんなような事を面白おかしく話してくれます。
    主にコミュニケーションや、聞くことの本当の意味を理解する、
    そんな気付きのある講義です。
    th_12657800_734839039983609_9130499449568891504_o
    名刺交換のワークをしながら、いかに今まできちんと人の話が聞けてなかったかも、確認させてくれます(笑)
    10336611_10203905121987414_9160669449271379920_n
    そしてあまりブログに書きませんが、会場中が涙するラストメッセージという学び。
    大切な方へ、きちんと想いを伝えること、
    そんな事を気づかせてくれる大事な講習です。
    みんな、大粒のナミダを流しながらワークをしています。
    自分も1年前に受講した時に、泣きまくったのを思い出します。
    最後に集合写真を撮り、講義も終了!

    th_12711231_879972142115629_3397179800077129831_o
    th_12716290_734852476648932_5770807355463658100_o

    山下ビリーさん、すごい先生です!
    終了後は懇親会でお盛り上がり!!
    th_IMG_3886
    当日も翌日も、皆さんが「ご縁紡ぎ大学に来て本当に良かった!」と言ってくれる、
    この言葉が本当に嬉しいです。
    次回は「伝える」という事についての講義です。
  • 株式会社トリプルダブル

    東京都品川区西五反田1-24-4
    タキゲンビル810号

    E-mail:info@td3win.com

CONTACT

OFFICE

〒141-0031
東京都品川区西五反田1-24-4
タキゲンビル810号

PHONE

03-3779-9973